ホーム悩み5 ED・FSD > セカンドバージンになってしまいました。

セカンドバージンになってしまいました。

人 ずっとしていません。かれこれ10年は経つと思います。もはやアラフォーと言われる世代まししぐらですが、あんまり男性との付き合いはイメージできません。一人エッチは好きですが、セックスは要らないかも。これって完全にセカンドバージンってやつですよね? どうしたらいいいでしょう。
MIYOKOさん
37歳 会社員

問診

G:10年セックスしていませんか、それはセカンドバージンですね。

M:そうですね~ 20代の前半までは彼氏がいたのですが、それからはちゃんとつきあった男性はいませんね。20代半ばまではセックスもしていたんですけど、それからは全然ですね。

G:何年か前にドラマになって浸透した言葉ですが、それまでは認識されてなかった概念ですからね。男性にも最近は多いと聞きます。

M:ちょっと前に八ツと気が付いたんです。これはちょっとまずいかもって…

G:どういった点でですか? 詳しく教えてもらえますか?

M:一人でいることに慣れ過ぎてしまったというか、自分のルールが決まってしまいまして… この前男性と話す機会があったんですが、全く理解できませんでした。結婚生活での話で、休日の過ごし方や少ない小遣いでやりくりしている話とか、子供との生活について聞き私には無理かもと。時間の使い方が人に合わせられないと感じましたね。

G:なるほど。

M:あとエッチの話ですが、男性が女性に求めるものに「女」でいて欲しいという事でした。自分を振り返った時に足りてないよな~と。

G:例えばどんな風にですか?

M:体型はほとんど気にしなくなりました。自分の好きな時に好きなもの食べてますし、寝る時間や起きる時間もバラバラなので自分で予定を作らなくなりました。暗がりで自分のセルライト照らされ浮かび上がるのを見て「怖っ!」ってなりました。

G:体や生活のメンテナンスをしてなかったのがショックだったと。

M:はい。毎日ではないですが、ジムに行ったりホットヨガやったりもしましたが、飲みに行く方を優先したり、時間の都合が付かなくなってフェードアウトです。通ってたホットヨガとか、朝7時スタートとか早すぎるんですよ。

G:独身だと仕事や遊びが充実しますからね。男性の視線を気にする事はありませんか? そこにモチベーションを持って行くように。

M:それが全くなくなりました。でも性欲はそれなりにあるんです。恥ずかしいですが、アダルトDVDはよく見ますね。今女性用のものが充実していて。

G:完全に男性の発想ですね~ あんまり男性と肌の触れ合いが無いと女性ホルモンが分泌されませんから当然ですね。セックスに対しては要らないという事ですが、何がストッパーなんでしょう? 時間が経ちすぎて怖いとか?

M:それもあるかも知れません。苦手意識というか食わず嫌いのような感覚になってます。自分の相手も満足できるのか心配で、実践に踏み出せなくなっています。イメトレはばっちりだと思うんですが。

G:それ童貞の発想ですね、そこも男性っぽい。でもそんなに男性にモテないように見えませんよ。男性から誘われることもあるのではないですか?

M:えっ、ありがとうございます。男性にはたまに誘われますが、年上や既婚者が多いんです。あとヒモ体質の男とか。私の求めている条件には当てはまらないので、断っちゃいます。

G:なるほど、申し訳ないですがそういった男性が寄ってくる雰囲気は分かります。男性的でさらっとしている印象なので、浮気や不倫相手として見られてしまうかも知れませんね。

M:やっぱりそうですよね? わかるんですよ、態度で。

G:それは次に付き合った人とは、結婚を意識してしまうからではありませんか?

M:それですね。そろそろ結婚したい願望はあるんです。なので理想はそれなりにあるんですが、どうしても今の生活も手放したくないし。

G:そうですね、周りから見ると遊び慣れているように見られているかも知れませんね。そのせいで、求めていない男性ばかり寄ってくる、断るから男性と触れ合う機会がなくなるというスパイラルになっている。

M:どうすればいいでしょうか? そのスパイラルから抜け出したいです。

G:わかりました、いくつかアドバイスをしたいと思います。

M:お願いします。

回答

G:MIYOKOさんの印象ですが、もっと自信を持っていいと思います。浮気や不倫が理由だとしても、男性からの需要があるというアドバンテージがあるはずです。まずはそこから立て直していきましょう。

M:そうですか、私まだいけますか?

G:思い込みや暗示も大事な推進力になります。その為には、いつも飲んだり遊んだりする場面に男性が必要ですね。男性の視線を浴びるようにしましょう。視線を意識すると自然と自分を客観的に見れるようになります。

M:そうですね。

G:自分がどう見られているかを意識し、自分をどう見て欲しいかというセルフプロデュースしていきましょう。あなたが男性に理想を持っているように、相手もまた理想を持っているものです。お話を伺っていると、男性不信という訳でもないようなので、それを狙っていきましょう。

M:男性不信ではないですが、それって女磨きってことですか? なかなか難しいですね~ まだ婚活とかに興味がなくて、ダメだった事を考えてしまうと時間とお金が無駄になるような気がして。

G:女磨きと名前が付いてしまうと、ストイックになったり没頭し過ぎてしまう事があります。種類も多くエステや料理、ネイルなど時間もお金もかかってしまいます。さらにベリーダンスやポールダンス、ジム通いの腹筋女子はこじらせやすい傾向があります。

M:あー、ちょっと気になってたやつです。私は逆にそれをやらないとダメかと思ってました。

G:趣味としてやってる本人は楽しいかも知れませんが、やり過ぎると男性から敬遠されてしまいますね。もっといつもの行動や仕草などを気を付けるだけでも十分魅力的な女性に見えますよ。例えば、しっかりと会話ができる、気配りや空気を読む事ができる、「ありがとう」や「ごめんなさい」など感謝や謝罪をしっかり言葉にできる、自慢話や人の悪口、噂話ばかり言わないなどです。

M:完全に女子会で逆の事やってました… 人の話聞かないし、人の悪口ばかり言ってるかも。気をつけます。

G:もし婚活やマッチングサイトに抵抗があるなら、新規で男友達を何人か作ってみるのをおススメします。それも自分の好みなどは度外視しましょう。いろいろ勉強になると思いますよ。

悩み一覧

相談一覧

相談1-中折れ
相談2-セックステクニック
相談3-コンプレックス
相談4-性欲
相談5-ED・FSD
相談6-セックスレス
相談7-その他

©2018 セックスメンタリストG. All rights reserved.